鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:介助

今日、火曜日は母の施設(特別養護老人ホーム)では、「喫茶 やましな」と称して一階の地域交流ホールで、入所者さんにコーヒーか紅茶をお出ししています。食料品店が出店、ヤクルトさんが居て、パン屋さんが委託でパンを置いています。希望する入所者さんは、雑費用として ...

施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会の終了は、夕食の配膳が始まる頃。母のユニットでは、キャバリアのナナちゃんのお母さんが亡くなって、入所者数は8名。午後5時近くなると、部屋で寝ているオシメをしている入所者さんは取り替えをし、母のように、介助があればトイ ...

今回は、排泄というデリケートなことを話題としますので、ドン引きされる方もおられると思います。ごめんあそばせ。母の施設(特別養護老人ホーム)では、排泄については、ルーチン化されており、さらに、1日の量と質は、きちんと個別にメモされています。それで言うと、母の ...

ふと、考えてしまいました。施設(特別養護老人ホーム)にいる母との面会時間は、アタクシがスムーズに帰ることが出来るように計算します。夕食は午後5時過ぎ。スタッフさん達は、10名いる入所者のうち、寝たきりの3名を残して、5時少し前から順次、部屋からリビングへ移動さ ...
| 鬼娘

86歳の母は今では、体を自分で起こすこともできなくなり、自分で食べることもできなくなり・・・・。誤嚥性肺炎の危険性ありと介護施設の提案で先日胃瘻手術を受けました。頭は今もしっかりしています。食事は液体を流し込まれるだけだけど、苦しいと、辛そうに話す母を見て ...

このページのトップヘ