鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:初期

この頃のアタクシは、外出すると、くたびれて夕食が済むと寝落ちをしてしまう。立ち上げたパソコンも、ライトも、テレビも点けたままで、しばし、夢の中。この夢、素晴らしければ、寝落ちの後も心地がよいというものでしょうが、これが、そうでもない。こういった体勢で寝る ...

いつ、認知症が発症したのか?やはり、その始まりは明確ではなく、どこかヘン?、年齢からなのかもと思ったものです。母は認知症になる前から、変形性膝関節炎があり、長時間・長距離を歩くことが出来ず、ある時期から、アタクシが母の代わりにお財布を持ってお買い物をする ...

ここ横須賀は、海に近いためか、風が強い。駅に向かう道々、一軒家を見ると殆どの家が晴れていても雨戸のままというのが多いです。時折、アルミシートの遮光シートで、折角の窓を全部塞いでしまっている家もあります。思い出すのは、東京の家に住んでいたころ、東側の児童公 ...

今日は、母の施設にご新規さんが入所されているはずと、ちょっと楽しみで面会に行ってきました。というのは、プードルちゃんと一緒に入所をされると聞いていたので、どんな子かなと。ユニットの入り口で、スリッパに履き替えていると、文福、大喜、ジロー、ナナちゃんと勢ぞ ...

最近、頂いたコメントからのお話でございます。一つは介護が一段落したお茶っ子様のコメントから。認知症初期のお父様を介護されている友人に対し、どのように対処したらいいかとのこと。お父様は初期の認知症と診断され、最近はその友人に「生活費を返せ」「お金を持ってい ...

このページのトップヘ