鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:勘違い

今日は、毎週一回の耳鼻科の治療の日。横須賀から上京する際には、京浜急行の朝にある座席指定のモーニングウィング号を利用しています。コロナ禍になる前から、使っています。横浜に近い上大岡駅から、混雑が酷くなり、車内アナウンスでも、「ご気分が悪い方は、早めに~」 ...
| 鬼娘

韓国の女性って綺麗よね。母はときどき、突然に、何?ということを申します。施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会は毎回、午後3時過ぎ。母のユニットのワンコ、文福の散歩は、夏の間は、母の面会を終えてから。涼しくなれば、面会の前に連れ出しています。散歩はさてお ...

午前6時というと、母の夜間トイレ最終回が。終了した直後で、母もアタクシも寝入る頃。大きな地震だったのですが、幸いにも、母は気づかず、用意してあったデカい座布団を、アタクシが母の頭にかけたことで、反応しました。地震や、大きな地震。でも、もう大丈夫。ほんと、大 ...

このページのトップヘ