鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:帰りたい

面会に行く度に、言われること。アタシ、いつまで、ここに居るの?その都度、ママ、ずっとなんよ。と、言いたいのをグッと押さえて、心臓が悪いんよ。それに、骨折して歩けなくなったからねえ・・・。おっかさん、それで、わかってや。ずっとであることを。鬼娘は、更に、母 ...

連休中の母の施設(特別養護老人ホーム)は、面会にくる家族が増えるわけでもなく、常連の顔ぶれのみ。いつもと同じ雰囲気が流れています。集団リハビリもなく、犬の文福の散歩を終えて、母の部屋へ行くと、小一時間の面会になります。そのときに流れているテレビの内容から ...

あら、アナタ、いいところに来てくれたわ。アタシ、朝から何も食べていないのよ。この頃の母の第一声は、何も食べていない、お腹が空いたということが多くなりました。ユニットのリビングには一週間のメニューが壁に貼ってありますので、見て母に申しました。朝は鰯の甘露煮 ...

まぁ、アナタ、いいところに来たわ。アタシ、何をすればいいんだか、わからないの。いつものように、施設(特別養護老人ホーム)のワンコの散歩を済ませて、母の部屋へ。お昼寝から、目が覚めていて、アタクシをみて第一声がこれ。アタシ、家で自由にしたいわ。と、言ったか ...

あらっ、アナタ、いいところに来たわ!アタクシは、母のその一言を聞くと、思わず、身構えてしまうのです。何故なら、その次に出てくる言葉は、決まって迎えに来てくれたね。とか、アタシは、いつでも支度出来るから。という、帰りたいコール。矢のように飛んでくる、母の言 ...
| 鬼娘

このページのトップヘ