鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:忘れる

施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会に行くたびに言われることは、どうして、ここに居るの?とか、いつまで居なきゃいけないの?心臓が悪いから、医師が常駐していないとね、アカンねんよ。母の「アタシは心臓がよくない」という思いに付け込むのです。実際、狭心症に ...

はとバスのコースにもある横須賀市衣笠の菖蒲園。東京ドームより2割程小さい広さですが、今の時期は菖蒲のほかにも紫陽花も楽しめます。今日は、母の施設(特別養護老人ホーム)の犬のユニットの菖蒲園散策の日。今、アタクシが住んでいるところから近く、現地集合で解散とい ...

一昨日、施設(特別養護老人ホーム)の母の面会時、居室の点けっぱなしのテレビが、「豊さんと憲武ちゃん!旅する相棒 思い出の神戸編」(テレビ朝日)でした。アタクシの父は、土木技師で、高度成長期の頃は、山深いダム工事が多く、引越しも数回ありました。しかし、その後 ...

東京の実家を処分した際に、お仏壇を兄に引き取って貰いました。在宅介護中は、毎朝、お水とお茶を供えて、チン!とおりんを鳴らし、手を合わせてお願いしていました。早く、お迎えに来て下さい。今は、というと、父の写真と下の兄と二人の義姉の写真を前に、お茶を供えてお ...
| 鬼娘

ここは、アタシの部屋なの?そうや。今日は、いつもより、少し早めに施設(特別養護老人ホーム)に着きました。母はまだ、お昼寝タイムで部屋にいました。ベットサイドに座ったアタクシに母が、言いました。そして、毎度お馴染みの質問が・・・。アタシはいつまで、ここに居 ...

このページのトップヘ