鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:忘れる

2020年が始まりました。今年もよろしくお願い申し上げます。年末年始と言っても、アタクシには、いつもと変わらぬ晦日に朔日でした。あ、一つ、お正月らしいことをしたのは、お昼にお雑煮を作って食べたこと。元々、元旦は面会に行かない予定をしていました。何故なら、テレ ...
| 鬼娘

母と一緒に、集団リハビリの会場からユニットへ戻るとき、ちょうど、厨房から夕食のおかずををのせたワゴンカートが出ていました。その横を、美味しそうと母と話しながら、通り過ぎました。チラッと見えた一口になった白っぽい、里芋のようなものでした。(後からメニューを ...

もしかして、うちの母、稼働中の加湿器を見て、カーテンに火が点くって言い出したのでしょうか?暖房が入るこの時期、乾燥しやすい高齢者である母達の部屋には、それぞれ、加湿器が設置されます。施設(特別養護老人ホーム)の母の部屋に置かれたベットと窓の間に隠すように ...

あら、先生、ありがとう。へっ?!、アタクシにも、とうとうその時がきたかと思いました。昨日のミカン狩りの帰りに、マイクロバスの中でも、一心不乱的にミカンを食べていた母。やがて、食べ終えて、膝の上においたミカンをどこへやろうかと思っているのがわかりました。そ ...

母の施設(特別養護老人ホーム)に着いた時は午後7時近くになっていました。外から見ても、母の部屋はともかくリビング以外の部屋はすべて、暗かった。夜が早いと聞いていたけれども、こんなに早いとは・・・。今日、明日と母の面会はお休みとしてました。本来、火曜日は施設 ...

このページのトップヘ