鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:性格

この頃、母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットのドアをあけると、すっ飛んでくるのは、マルキーのミック君。スタッフさんに聞くと、お母さんが入院され、ミックは、ただいまのところ、お留守番中。ドアを開ける、お母さんが帰ってきた!と、ばかりにやってくる。母の部 ...

母の居る施設(特別養護老人ホーム)に着いてみると、床のクリーニングを大々的に、やっていました。今日は、ワンコ(大喜とぶん福)のお散歩ボランティアの日。ちょうど、ユニット前のエレベーターホールに大ちゃんがリードを付けてスタッフさんと居たので、そのまま、散歩 ...

昨日、横須賀の特別養護老人ホーム(特養)へ入ったばかりの騒動でございます。耳が遠いからなのか、若い頃の職業であった幼稚園の先生だったからなのか、母の地声はデカく響き渡るのです。ユニットの入り口が開く音がして、犬達が、出迎えている足音とともに、母の大きな声。 ...

このページのトップヘ