鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:悪魔

母が認知症を発症して、10年以上になります。振り返ってみると、いつ、発症したかは定かではないし、第一に、本人に発病したという自覚もありません。後から思うに、幻覚に幻聴もありました。もちろん、被害妄想も・・・この寒い時期になると、思い出すことがあります。あれ ...

「認知症は大変だ」って、あおりすぎでは専門医の苦言ネットの朝日デジタルで見つけた記事です。クリックしてみて頂くとわかるのですが、有料会員限定記事で、アタクシには続きを読むことはできません。何をいわんとしているかは、わかりません。昔は、90歳を超えて認知機能 ...

昨日は、一週間ぶりに母の爪切りをしました。あまり伸びていない足の爪も切りました。痛いっ!!あっ、ごめん。大丈夫よ。今は、こうやって穏やかな会話をしております。が、思い出すのは、認知症初期の頃の母のこと。あの頃、母の爪切りはアタクシには恐怖、そのものでした ...

最近、頂いたコメントからのお話でございます。一つは介護が一段落したお茶っ子様のコメントから。認知症初期のお父様を介護されている友人に対し、どのように対処したらいいかとのこと。お父様は初期の認知症と診断され、最近はその友人に「生活費を返せ」「お金を持ってい ...

今日は月曜日。365日、それこそ、盆も正月もなく、毎日が、平日の介護ではございますが、ちょっとだけメリハリをつけております。それは、爪切り。1週間に一度。月曜は往診の日。一応、床を拭くので、飛び散った爪も取れるというもの。母が申しました。アタシ、このごろ、自 ...

このページのトップヘ