鬼娘の介護日記

認知症で96歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で6匹の犬達のいる特養で5年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、今はコロナ禍で面会禁止。思わぬ展開にオロオロしている鬼娘の日々の日記です。

タグ:新型コロナウイルス

一年前は、わけのわからないウイルスで、中にはただの風邪だという人までいたりした新型コロナウイルス。ところが、嗅覚や味覚障害、倦怠感など後遺症に苦しむ人がいるのだそうで。その後遺症の中には、脳に関わる影響もあるとのこと。アメリカの医師で、新型コロナウイルス ...

先日、テレビの新型コロナウイルスについての特集を見ました。重症病棟の医師が、パソコンの画面を見ながら、その日に入院した患者の年齢を看護師に聞いていました。94歳。すると、医師が指示していました。人工呼吸器を装着しても無理かもしれない。さらに、「表面化してい ...

ここのところ、少し前に比べて、予定が入ることが多くなってきました。ビフォーコロナのアタクシの生活は、母を施設(特別養護老人ホーム)に入所させたことから、始まっていました。入所させたという後ろめたさを解消するために、面会を頻繁にして、母が在宅介護と同じよう ...

21日、新型コロナの感染再拡大への懸念から欧州株は軒並み下落したとのこと。今朝のニュースでは、NYダウ続落、一時900ドル安だそうで、コロナ感染の再拡大懸念してのこと。特に、イギリスでは、新型コロナの警戒レベルと5段階中で「感染の急増」を示す4に1段階引き上げたと ...

今日は毎週一回の耳鼻科の治療の日。帰りの地下鉄での週刊文春のつり広告に目がいきました。座ったところから、少し離れていたので、思わず、身を乗り出してしまい、隣の人がなに?という感じでした。「コロナで変わった死後の手続き」・外出2回で済ませるには ・鬼門は年金 ...

このページのトップヘ