鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:施設

そう言えば、アタクシは在宅介護の際に母からペチャンコにされていました。言葉というか、母が言い放つ口調というか・・・。昨日は、それで気分がズーンと沈み込んで、何も手に付かない状態になりました。それも、アタクシ自身に放たれたのではなく、施設(特別養護老人ホー ...

アタシはどうしてここに居るの?施設(特別養護老人ホーム)の一階の廊下を集団リハビリの行われるホールへと向かっていくときに母がアタクシに訊ねました。毎度、同じ回答をします。あんね、ママは心臓が弱いんよ。だから、24時間の見守りが必要や。それに、左の大腿骨を骨 ...

お盆でしょ、おはぎが食べられるわ!そう言った母の言葉通りに、施設(特別養護老人ホーム)へ行く途中の衣笠商店街の和菓子屋さんの店先で、売っていました。お・は・ぎ。今日のオヤツは、もちろん。美味しいわぁ母は半分あげるということもなく、ペロリと食べてしまいまし ...

施設(特別養護老人ホーム)にいる母への面会は、毎回、夕食の配膳が始まる午後5時頃に終ります。ユニットの出入り口で、スリッパから靴に履き替えているときにお隣に座っているミック君のお母さんとの会話が聞こえます。ミック君のお母さんの声は小さく、何を言っているのか ...

昨日の土曜日、施設(特別養護老人ホーム)の犬の文福との散歩と母との面会を終えて、帰るときに、リビングに居る母の大きな声が聞こえました。夕食?アタシ、何もいらないわよ。えっ?!、いつものおっかさんとはちゃうやん。食べることなら、大好きよ。食事の配膳が始まる ...

このページのトップヘ