鬼娘の介護日記

認知症で96歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で6匹の犬達のいる特養で5年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、今はコロナ禍で面会禁止。思わぬ展開にオロオロしている鬼娘の日々の日記です。

タグ:施設

昨日、耳鼻科の治療のついでに、来週に予定している母との窓越し面会に必要なスケッチブックを買って帰りました。一足先に面会をした知人から、メールで様子を聞かせて頂きました。母と同い年のお母様。クリアな方なので、施設内で必要なものがあればご自分で連絡が出来ます ...

昨日、9日(土)から、母の施設(特別養護老人ホーム)では窓越しの面会が始まったようです。ようです、というのは、アタクシが予約したのは1月中旬。この緊急事態宣言下、中止になるかもしれないと思っていました。もし、中止ならば、電話連絡があるでしょうから予定通りと ...

認知症という病気は、それぞれによって違います。脳細胞が、性格が、環境が、と人それぞれ。寿命もまた、さまざまな研究結果があり発症してまもなくという人もいれば、母のようにすでに10年を過ぎた場合もあります。思えば、これはヘンだと感じてから、挙動不審な行動や、中 ...

今年も、母の施設(特別養護老人ホーム)ではお節料理が出たとブログに載っていました。母が入所してから、施設側のご好意で家族と一緒にお料理を頂く機会がありました。その時も、母は、言っていました。ここはお料理が美味しいのよ。ほんと、美味しかったです。昨夜、新年 ...

お正月と言えば、年賀状。母は認知症を発症してから、手紙を書くことを億劫がりました。そして、何回も言うことは、アタシ、年賀状を書いていないのよ。どうしようかしら。書いて出したと言っても、書いてないという、あのエンドレステープ。そういうことがあってからは、母 ...

このページのトップヘ