鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:最期

在宅介護をしていたときは、施設入所の家族の方々がとても羨ましかった。早く、母が施設に入所にならないかと。施設へ入所する理由がなければ、あの母の性格だから、何もなく、介護するアタクシのためと入所してくれなかったでしょう。実際、母が骨折したときは、アタクシ、 ...

今日は近々始まる一週間の出稼ぎ(バイト)の研修があり、東京へ。そのバイトで知り合った大田区の元家のご近所さんとCAFE de CRIEでのランチ。アタクシは研修済みで、彼女は夕方の回への参加で、久々におしゃべりをしましょうと。彼女は、三姉妹の一番上のお姉様とともに、 ...

看取りとは。看取りとはもともとは、「病人のそばにいて世話をする」、「死期まで見守る」、「看病する」という、患者を介護する行為そのものを表す言葉でしたが、最近では、人生の最期(臨死期)における看取りを持って、単に「看取り」と言い表すことが多くなっています。 ...

昨日、火曜日は母の施設(特別養護老人ホーム)でのボランティアでした。帰ってくると、パソコンを立ち上げる元気もなく、毎度ですが、テレビ、ライト、全部、点けっぱなしで寝てしまいました。今日、パソコンを立ち上げるまでは、一緒にボランティアをやっている方との会話 ...

母に終末期の診断が下りたこれを読んだときに、ドキリとしました。コメントを下さる山椒魚様のブログからです。認知症はどう看取る?今は元気印で、相手構わずの言いたい放題、容赦ない苛めっ子の母もいずれは、そうなるのだと、腹を括っているアタクシではございますが・・ ...

このページのトップヘ