鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:特別養護老人ホーム

さ、そろそろ、夕食が始まるから、着替えよ。母にそういうと、ご飯と聞けば、起きるわよ。それに、トイレに行きたい。それなら、ズボンを履いて、外のトイレに連れて行って貰おうね。施設(特別養護老人ホーム)では、夕食前にトイレ誘導をしています。みっちゃんさん、今、 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、水曜を除く平日に、各ユニットから希望者が集まって、それぞれが出来ることをやっています。棒編み、鍵編み、などの編み物や刺繍。母がやっている運針とか。塗り絵をやっている人もいるし、水彩画を描いている人もいます。中でも、猫の ...

2018年にFacebookで知り合った、とは言え、30年前から顔見知りだった知人の男子。お友達になった当初、認知症はなく、歩行が不自由な93歳のお母様と同居。男子、独りで母を看る、ということで、アタクシのブログを見て下さっていました。アメリカに住むお嬢さん(お母様から ...

母の施設(特別養護老人ホーム)の餅つきのあった日のことでございます。お餅を丸めるて、餡にからめるというボランティアをしていました。写真のように、エプロンをして、バンダナを三角巾にしてマスクをしておりました。作業が一段落して、母を餅つきの会場へ連れてこよう ...

施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会に行って一番困るというか、大変なのは、会話。母は、エンドレスなことは言うけれど、まだ、アタクシが言ったことに返事が出来ます。だからと言って、会話はピンポン的にはいきません。アタクシが期待するような答えが出てこない場 ...

このページのトップヘ