鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:特養

母の施設(特別養護老人ホーム)の定員は100名で、他に同じ建物内に20名のショートステイがあります。特養のユニットは、10名で1ユニット。犬の居るユニットが、2-1と2-2。猫のユニットが2-3と2-4。一般のというか、普通のユニットが3-1、3-2、3-3、3 ...

母が入所している施設(特別養護老人ホーム)には、犬と猫がいるユニットが4つあります。母がいるユニットでは、施設の保護犬3匹と、入所さんと一緒に暮らしている犬3匹、計6匹がいます。食事時は、それぞれ、ケージや部屋に居て、ユニットのリビングには出てきていません。 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)へ行った昨日、集団リハビリもある日なので、そのつもりでおりました。しかし、施設内でご逝去された入所者さんがおられて、一階のホールが使えないのでお休み。ご遺体が施設を出る前に、一階のホールでお別れ会があるようです。老人ホームで ...

施設(特別養護老人ホーム)に居る母の薬のことが気になったのは、ユニットのスタッフリーダーさんからの減薬の話しからでした。在宅介護中は、母の健康に関することには、地域提携医との相談の上で処方されていました。大腿骨骨折で入院して以来、老健(介護老人保健施設) ...
| 病気

自らの考えで面会に行かないというわけではなく、施設側から来るなって言うんだからと大手を振ってのストレスのかからない毎日でございます。だから、と言って生活が全く変わるでもございませんが。むしろ、今までの介護は、どうだったのかと振り返ってみるものの・・・。ど ...

このページのトップヘ