鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:犬

この親不孝者めっ!アタクシが言ったことを聞いて、猫の佑介くんのお母さんが笑いながら言いました。一週間ベタではありませんが、日雇いの仕事をやっておりました。金曜日に早番で仕事をし、午後2時半に東京を出て、横須賀へ。母の施設(特別養護老人ホーム)に着いたのは午 ...

母が居る施設(特別養護老人ホーム)へ面会に行ったときは、わざと部屋の入り口を開けておきます。すると、入れ替わり立ち替わりにワンコ達が部屋に入ってくるので、賑やかになります。※ 文福リビングから、ずっと聞こえてくる鳴き声に母が反応しました。あんなに吠えてい ...

母の部屋をノックして入ったところ、文福がアタクシに続いて一緒についてきました。あら、アナタ、来てくれたのね。毎度お馴染みの母の第一声。まあ、犬じゃないの、可愛いこと。母は視野から物体が外れると、認識が出来なくなっていますので、部屋にいると施設(特別養護老 ...

2月20日は飼い犬だったM.ダックスのブーケの命日。ドックフードを食べなかった彼の一番の好物は砂肝の直焼き。砂肝は1個だけ売っていないので、ブーケには鶏肉で勘弁して貰いました。母の施設(特別養護老人ホーム)のワンコ達に、昨年から、手作りのワンコご飯をプレゼント ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、17日まで面会謝絶になっています。しかし、アタクシは従来通り、施設へ行っています。アタクシは母の衣類と掛布団のカバーを持ち帰って、洗濯をしていますので。それをやっている理由は、やはり、母を入所させたという後ろめたさを軽く ...

このページのトップヘ