鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:犬

今日は火曜日。施設(特別養護老人ホーム)のイベントである「喫茶 山科」のボランティアの日。それを済ませて、犬の文福の散歩へ行き、戻ってくると集団リハビリの開始時間の4時近く。あら、アナタね。よかった。このまま、寝ていてもいいのよね?こういう母を、起こすには ...

ミックくんのお母さんが退院されて、施設(特別養護老人ホーム)に戻ってきました。それまで、ミックは、私が母の部屋に行くと一緒についてきて、母のベットに乗って、ゆったりとしていました。可愛いわねえ。犬がいるっていいわ。と母が言うので、ミックのお母さんは、入院 ...

昨日は、先日、亡くなられたナナちゃんのお母さんの娘さんがユニットに来られました。ジローの訃報を聞いたのと、外部の整体院との精算もあったからです。ナナちゃんを引き取るのかどうか、気になったので聞いてみました。母が亡くなってから、ここにくると、ナナは、私を避 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットにいる犬、6匹の中で一番の長老はM.ダックスのジロー。白内障で目が見えず、ユニットを移動するも、椅子にぶつかったり、入所さんの足に触れたり、あっちへ行ってはこつん、こっちに来ては、また、こつんとぶつかりながら歩いていま ...

この頃、母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットのドアをあけると、すっ飛んでくるのは、マルキーのミック君。スタッフさんに聞くと、お母さんが入院され、ミックは、ただいまのところ、お留守番中。ドアを開ける、お母さんが帰ってきた!と、ばかりにやってくる。母の部 ...

このページのトップヘ