鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:猫

母の施設(特別養護老人ホーム)の定員は100名で、他に同じ建物内に20名のショートステイがあります。特養のユニットは、10名で1ユニット。犬の居るユニットが、2-1と2-2。猫のユニットが2-3と2-4。一般のというか、普通のユニットが3-1、3-2、3-3、3 ...

施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会は、基本、一日おきに。面会に行く理由の中には、集団リハビリへの参加と母のユニットいるワンコの散歩があります。犬の散歩は、ご近所の方がボランティアで連れ出してくれるので、アタクシはその穴埋めをやっております。火曜日の今 ...
| 鬼娘

昨日、母の施設(特別養護老人ホーム)に中国中央電視台の取材がありました。午後4時からの集団リハビリにもカメラが入りました。最初は全体を撮っていました。アタクシは、写らないように母の隣をそっと外れて柱に隠れました。遠くから見ていると、母は一心不乱に運針と格闘 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットには、犬が6匹、一緒に生活しています。6匹が一斉に吼えると、スタッフさんの静かにと怒る声が相まって、凄いことに。何もないと、普通の施設と同じようにシーンとして、テレビの音だけが響いているだけです。さて、6匹のワンコのな ...

母の居る特養(特別養護老人ホーム)は、ペットと共に入所出来ます。入所者が先に亡くなっても、一緒に入所したペットはそのまま、施設で暮らしていきます。最近、一緒に入所した猫が、虹の橋を渡ってしまい、保護された老猫を迎え入れ、仲良く暮らしている方がいます。そう ...

このページのトップヘ