鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で6匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:理解

その日、アタクシが母の施設(特別養護老人ホーム)に到着したのは、午後5時のこと。計画では、午後4時からの集団リハビリに参加するつもりでした。そのためにお泊りグッズの中に母の運針用のお針箱を入れておりました。しかし、後で聞くと、作業療法士さんが風邪を引いたと ...

ここは、施設なのよね。母をいつものように、集団リハビリに参加させるために車椅子を押しているとき、突然、ボソッと言いましたアタクシは一瞬ギョッとして、オタオタしてしまいました。はてさて、どう、返事しようかと。うん、まあね。でも、ここにはお医者様がいるからね ...

2名の定員割れをしていた母の施設(特別養護老人ホーム)のユニット。昨日、お一人、ヨーキーを飼っている婆様が入所されました。ちょうど面会に行ったとき、入所されたところでした。ヨーキーが2匹いました。あれま、2匹一緒に?と思ったら、1匹は家族の飼われているワンコ ...

このページのトップヘ