鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:看護師

今日、施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会とセットにしている施設のワンコ、文福の散歩を終えてユニットに戻りました。母の部屋のお向かいの部屋へ、スタッフさんの出入りが頻繁でした。すると、当直看護師さんがやってきました。あー、お向かいさんは具合が悪いんだ ...
| 鬼娘

母が居る施設(特別養護老人ホーム)では、2年に一度の社会福祉法人の監査のために、いつもの集団リハビリが2週間お休みになります。母の面会時間の短縮法の一つとしている鬼娘にとっては、どうやって、時間を潰すかが問題なんです。午後4時50分に、夕食のため、母を部屋から ...

その婆様をアタクシが見たのはいつだっけ?いつもの定位置で、いつものふりかけをのせた小さな真ん丸なご飯を手に持って食べている入所者さん。えっーと、今は面接謝絶前と同じ、一日おきだから・・・。そうそう、一昨日のこと。いつもと変わらなかったのに。母との面会を終 ...

昨日の午後ことでございました。東京で、用事を済ませて、カフェで休もうとスマホを見たところ、母の施設(特別養護老人ホーム)の電話番号が画面にありました。あちゃー、また知恵熱で出したかぁー?!転んだかぁー、と頭に過りました。そして、鬼娘の考える、その先、おっ ...

アタシ?、アタシは○○バカ子。施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会でのことでございます。そばにいたアタクシは、その発言にびっくり仰天致しました。いつものように、母の居室におりました。看護師さんが血液検査をと部屋に入ってみえ、その場で採血となりました。 ...

このページのトップヘ