鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:突然死

在宅介護をしていたときは、施設入所の家族の方々がとても羨ましかった。早く、母が施設に入所にならないかと。施設へ入所する理由がなければ、あの母の性格だから、何もなく、介護するアタクシのためと入所してくれなかったでしょう。実際、母が骨折したときは、アタクシ、 ...

静かで、穏やかで、でも、存在感充分な方、でしたのに。突然の死を告げられました。と、書けば、母ではないとおわかりでしょう。今日、母の面会に行き、お隣のKさんがいない。午後3時を過ぎていたので、お風呂かなと思っておりました。あの、お知らせしておいたほうがいいと ...

このページのトップヘ