鬼娘の介護日記

認知症で96歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で6匹の犬達のいる特養で5年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、今はコロナ禍で面会禁止。思わぬ展開にオロオロしている鬼娘の日々の日記です。

タグ:葬儀

先の日曜日に、事務をお手伝いしているヨットクラブの会員の散骨に参加しました。参加したヨットは8艇でした。そのとき、乗せて頂いたオーナーと散骨について話をした際、オーナーの奥様が4月に亡くなっていたことがわかりました。僕はカトリックですので、妻を葬るために、 ...

今日は、8月2日。母のすぐ上の姉、伯母の祥月命日でもあります。母の兄弟は、兄が二人、姉が二人の5人兄弟。それぞれの連れ合いを勘定すると、8人の伯父伯母、そして、義理の伯父伯母と・・・。それぞれのご命日なんぞは、覚えておりません。しかし、すぐ上の伯母だけは、強 ...

昨日は、中高のクラス会がございました。逗子に住むクラスメイトがいますので、彼女と待ち合わせて横須賀線で東京へ。その道々のことです。アタクシは、昨年からずっと気になっていたことがありました。昨年の夏の初めに、母が原因不明の熱を出し、なかなか、下がらず、下が ...

最期を自宅で看取ることをしない場合は?と母のことを考えてみました。施設側には、施設での看取りを頼み、最期をお願いしたいという書面を出しています。急な発作で心臓が止まっても、家族を待たず、延命治療はしないとも。勿論、病気を発症したときは施設の提携医の方針に ...

アタクシは若い頃、死後は海への散骨を希望しておりました。それを、外洋ヨットをやっていた元ボスに、話を致しました。あんずさん、散骨も費用が掛かるもんだよ。現在、「墓地、埋葬等に関する法律」があり条文として、「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行 ...
| 鬼娘

このページのトップヘ