鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で6匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:認知症

あら?、どこかで?アタクシも、その人も、お互いに顔を見合わせました。そうだ!、母の施設(特別養護老人ホーム)のご家族の方や。アタクシは、総合病院の耳鼻科の待合室にいました。その方も同じ耳鼻科を受診されていました。毎週火曜日にある施設のイベント、「喫茶やま ...

先日、母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットリーダーさんと話す機会がありました。母のユニットでは、ユニット定員10名のところ、ただいま、7名。新しく入所される方が1名決まったようで、部屋に名札が貼られました。母の元来の性格は、イジメっ子タイプ。それも、相手 ...

今日、火曜日は母の施設(特別養護老人ホーム)では、「喫茶 やましな」と称して一階の地域交流ホールで、入所者さんにコーヒーか紅茶をお出ししています。食料品店が出店、ヤクルトさんが居て、パン屋さんが委託でパンを置いています。希望する入所者さんは、雑費用として ...

施設(特別養護老人ホーム)の母のユニットでは、立て続けに2名の方が、旅立たれました。高齢者ばかりが暮らしているんですから、そういうことは日常の一つ。母の隣に座っていたKさん、隣室の寝たきりだったお爺さん、とアタクシが覚えている方もいます。しかし、認知症の母 ...

この頃、母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットのドアをあけると、すっ飛んでくるのは、マルキーのミック君。スタッフさんに聞くと、お母さんが入院され、ミックは、ただいまのところ、お留守番中。ドアを開ける、お母さんが帰ってきた!と、ばかりにやってくる。母の部 ...

このページのトップヘ