鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:認識力

昨日は、一年ぶりに髪をカットしてきました。そう言えば、在宅介護中は美容院へ行くこともなく、髪はゴムで束ねるというスタイルでした。どうせ、切るなら、思いっきりと短くしました。そして、今日、施設(特別養護老人ホーム)に居る母のところへ。ドアをノックして、部屋 ...

こんなこと、アタシ、やらないわよっと、大声で言って、集団リハビリに集まってきた入所者の皆さんの失笑を買う母。じゃあ、これを、少しずつ、やっている刺子というか、運針を見せるとあら、綺麗に出来てるわね。誰がやったの?毎度、集団リハビリに始める際に交わす会話で ...

その日、面会に行くとちょうど折り紙教室に一階のホールに降りるところでした。こういう場合は、お忙しいスタッフさんの手を煩わせないように、母と一緒に参加するようにしています。折り紙教室というので、折り紙を折るのかと思っていました。そうではなく、すでに折られた ...

週明け月曜日に抜歯というか、固定してあるブリッジを外す予定です。母は相変わらず、四六時中、ねえ、見て、これ、痛いのよ。もう、アタクシの堪忍袋は完全に崩壊状態。それこそ、いい加減にして!と語気は荒く、目が吊りあがった状態だと自覚出来るほどでございます。あと3 ...

このページのトップヘ