鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:退院

ティッシュで、もう一話を。施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会に行って、やることの一つは、ベットに付けたティッシュの残りをチェックすること。残り少しになったティッシュは、家に持って帰り、アタクシが使います。母には新しくして置いておきます。面会は、ほぼ ...

忙しいのに、毎日、来てくれて悪いわね。いやいや、おっかさん、毎日は来てへんで。一日おきや。忙しいって、無職やからね。どちらかというとヒマかもしれへんね。うちからここまで、どのくらいかかるの?うーん、そうやね、40分くらいかな。バス停まで歩いて15分に、バスに ...

昨日、また、“アタシ、退院して帰ります。”とおっしゃって、荷物をまとめて帰り支度をされたんですよ。引き出しから、いつもと違うメガネをかけておられました。アタクシが、施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会で、ユニットに入ってスタッフさんに挨拶すると、開口 ...

お口も達者になられてますし、ご本人も退院したいともおっしゃっていますね。慢性心不全があって、もともと肺もよろしくないけれど、入院時と比べれば、血液検査の数値も正常範囲になっています。退院されてもいいでしょう。主治医からのお話は、やはり退院でした。先週、一 ...
| 病気

岐阜県多治見市で39.3℃という、クラクラとするような猛烈な残暑。このクソ暑いなかにおいて、母が病院にいるということは、とても有難く思います。ノースリーブのアタクシの服装を見て、母が言いました。あら、そんな時期なの?そんな時期って、8月やからね。外は、ものすご ...
| 病気

このページのトップヘ