鬼娘の介護日記

認知症で96歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で6匹の犬達のいる特養で5年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、今はコロナ禍で面会禁止。思わぬ展開にオロオロしている鬼娘の日々の日記です。

タグ:長生き

母は60代の頃、狭心症で、その後、70歳を過ぎたところで心房細動で入院をしました。あの頃、診てくれていた医師は、母は長生きしないと言っていました。だから、アタクシはそれなりの老後を考えていました。まさか、母が90歳を過ぎて生きるとは思わず・・・。在宅介護中、母 ...

アタクシは料理が苦手、というかはっきり言って嫌いです。特に、煮物はダメ。料理を本格的に始めなければならなかったのは、50歳で母の介護が始まったとき。それまで、アタクシは家事一切は母に任せっきり。上げ膳据え膳の毎日でした。レシピを見ながら作ったものの、美味し ...

昨日は、母の96歳の誕生日でした。60歳代の頃、狭心症と言われたり、心房細動で入院したり、当時、医者からは長くないと・・・。そうなんや、と、アタクシもそれなりに自分自身の将来計画もしておりました。それが、70歳代を過ぎ、80歳代になり、認知症を発症し、誤 ...

毎朝、お茶を入れ、父の写真の前に置き祈る、いや、願うこと。母が穏やかに生活して、最期も穏やかであって欲しい。そして、母方の祖父母には、コロナを乗り切り、長生きできるようにと。思えば、願うというか祈るというか、内容が在宅介護中とは、大きく変わってきています ...

施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会で、ユニットに着く午後3時過ぎ、いつもリビングにミック君のお母さんと母と同郷のOさんがいます。ところが、ここ2週間ほどミック君のお母さんがリビングに出てきていません。そして、先日、見かけました。部屋の引き戸が少し開いて ...

このページのトップヘ