鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:集団リハビリ

今朝は、近所の歯科医院でクリーニングを受けてきました。半年に一回、ハガキが届くのです。ほんとは昨年中にというお知らせでした。ところが、先日、グミを食べていて歯の詰め物が外れてしまい、慌てて駆け込みました。これで、二度目。医師からは、三度目は無理ですから、 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)へ洗濯物を取りに行きました。エントランスホールに入るには、自動ドアを二つ通ります。中へはそのまま入ることは出来ますが、逆に外へ出るには、少し高いところにあるスイッチを押さないと出られません。そう、徘徊のある入所者さんが出て行 ...

集団リハビリを終えてユニットに戻り、廊下でスタッフさんに車椅子を押して貰うと、母は、アタクシが面会に来たことを忘れてしまいます。帰る支度をしているときに、ベランダへ出るガラス戸のところに、眼鏡を置いてきたことを思い出しました。その場所は、母の視線の先。ウ ...

集団リハビリを終えて、一階のホールからユニットに戻る途中で、母が言いました。アタシの今日の予定は?母が今日の予定は?と聞くのは、これから、家に帰ろうねという答えを期待するからだと思います。また、この問い、もういい加減してやと、腹立たしさが少しと、帰ること ...

午後4時から始まる集団リハビリ。さぁ、リハビリに行くからね。ベットから出るのも、リハビリなんよ。アタシ、寝てたい。そのほうが楽ちんなんだもの。「さぁ、リハビリ」と言っても、毎回、母には何がなんだかわからない。起きて、ズボン履いて、車椅子に乗って、と言われて ...

このページのトップヘ