鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で6匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:集団リハビリ

アナタって器用なのねぇ。集団リハビリで、針穴に刺繍糸を通しているときに、母が言いました。よう言うわ、ママはいつも、言うてたやん。“アナタみたいに不器用な子はいない”って。言われるまでもなく、ブラウスを作れば、後ろ袖を前身頃に付けて、家庭科の先生を呆れさせ ...

まぁ、白髪のお婆さんばっかりねぇ。母の施設(特別養護老人ホーム)の恒例行事の集団リハビリでの、母の突然の一言。母は、布地の上に描かれた図形に添って運針をしています。刺繍糸を針に通し、布地に針を刺して、母に渡し、ここからここまでと示して、やって貰います。チ ...

やっぱり、みっちゃんさんだと思った!その日、母の施設(特別養護老人ホーム)へ行った時間が遅れてしまいました。犬の文福の散歩から戻ったところで、午後4時を回っていました。4時半近くに、やっと、母を集団リハビリへ連れ出しました。施設の建物は、長方形型で、西側 ...

今週は、月曜と火曜と2日続けて面会に行くようになっているけれど、昨日の日曜日はのんびりと過ごしたので、気分は楽。今日も集団リハビリなんて、運針なんて嫌だという母を連れ出しました。ベットから離れて、動くのもリハビリなんよ。テーブルを囲んで、向こう側の5~6名の ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、作業療法士さんのもとで、週に3日から4日、1時間集団リハビリと称して、希望者が集まっています。それぞれが、塗り絵、編み物など、出来ることをやっています。ほとんどが、認知症の症状がありますが、中にはしっかりとしておられる方 ...

このページのトップヘ