鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:面会

夕方5時過ぎになると、母の居る施設(特別養護老人ホーム)では、夕食の配膳が始まります。母のユニットでは、寝たきりの症状の方はおらず、リビングに集まって食事になります。アタクシの面会も、その5時を目途にしています。今日も、午後4時50分に、さ、お夕飯やから。ちゃ ...

昨日の10月1日は、下の兄の命日でした。この数日の猛暑。記憶では、小雨が降る寒い日だったはず。備忘録をもう一度、見直しました。施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会で、鬼娘のアタクシ、わざと言ってみました。今日は、10月1日で、Kちゃん(下の兄の名前)の命日な ...

韓国の女性って綺麗よね。母はときどき、突然に、何?ということを申します。施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会は毎回、午後3時過ぎ。母のユニットのワンコ、文福の散歩は、夏の間は、母の面会を終えてから。涼しくなれば、面会の前に連れ出しています。散歩はさてお ...

昨日(秋分の日)は、一日置きのカレンダーに符号してしまいました。施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会。家に帰りたい。そう言う母へ、それは無理やと理解させるのと、在宅介護を放棄したと思う自分自身の気持ちにケジメというか、納得させるために。でも、この頃は ...

あらぁ!施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会を終え、ユニットのリビングを横切ろうとしたときに、母と目が合ってしまいました。あちゃー、マズイ!帰っちゃうのぉー母にそう言われて、思わず、出た言葉は、隣のカフェで食事してくるから。そのやり取りを聞いていた、 ...

このページのトップヘ