鬼娘の介護日記

認知症で96歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で6匹の犬達のいる特養で5年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、今はコロナ禍で面会禁止。思わぬ展開にオロオロしている鬼娘の日々の日記です。

タグ:面会

昨日、9日(土)から、母の施設(特別養護老人ホーム)では窓越しの面会が始まったようです。ようです、というのは、アタクシが予約したのは1月中旬。この緊急事態宣言下、中止になるかもしれないと思っていました。もし、中止ならば、電話連絡があるでしょうから予定通りと ...

母の施設(特別養護老人ホーム)から、1月の面会のお知らせが来ました。数日前、用事があり施設に電話を入れたときにも「1月の面会のお知らせが届くと思います。」と言われて、このコロナ感染者が増えているときなのに、大丈夫なのかと思いました。見ると、窓越しでの面会で ...

施設(特別養護老人ホーム)に居る母との、たった5分間の面会でも、コロナ禍、故に、エントランスホールで、体温と健康調査を受けました。担当してくれた事務職員さんは、アタクシのアパートのご近所に住んでいて、母の面会の帰りにバス停で一緒になり、おしゃべりをしたこ ...

あっ、写真を撮るのを忘れた!でも、12月の面会のときに撮れば・・・施設(特別養護老人ホーム)に居る母との面会。耳が遠くなった母との会話は、スムーズにとは行かず、少々時間がかかりました。親戚や母の友人や知人に出す年賀状には、母の近況の写真のシールを貼っていま ...

母の施設(特別養護老人ホーム)は、横に長い建物で、エレベーターは端にあります。兄と二人、一階のホールで待っていると、向こうの方から、ユニットリーダーさんと車椅子で母がやってきました。入り口付近で、アタクシ達の顔を見た母の目が大きく見開きました。そして、soc ...

このページのトップヘ