鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:養老院

ここは、養老院なの?母の乗った車椅子を押して一階の長い廊下を、集団リハビリに向かっているときに、突然にアタクシに訊ねました。一瞬、答えに詰まってしまいました。養老院?、ちゃうよ。病院のような施設や。ふーん、どうでもいいけれどね。おっかさん!!、どうでもい ...

偽痛風で、1ヶ月近くベットに寝たきりだった母でした。その間、認知症が進むのではないかと危惧しておりました。以前の大腿骨骨折の際の入院時のような被害妄想の症状は出ましたが、だんだんと痛みが収まってくると、それがなくなりました。なくなったと思うと、今度は自虐的 ...

アタシ、養老院へ行こうか・・・。昨日のアタクシは、母から何度も同じことを聞かれて、だんだんと語気が荒くなってきていました。母のいつもの質問で、皆は元気なの?うん、元気やで。しかし、昨日はこれで終わらなかったのです。殆ど、近況を聞かない次兄のことの言い出し ...

このページのトップヘ