鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:騙す

アタシ、こんな生活、嫌なのよ。前日の菖蒲園での、嬉しそうな顔とは違う、少し目を吊り上げて、ムカついている風な母。おっかさん、アータが望むのは、娘のあたしと一緒に暮らすことやろ?10年間、あたしにかしづかれてきて、それが当たり前になってしまったんよね。母は認 ...

自らの考えで面会に行かないというわけではなく、施設側から来るなって言うんだからと大手を振ってのストレスのかからない毎日でございます。だから、と言って生活が全く変わるでもございませんが。むしろ、今までの介護は、どうだったのかと振り返ってみるものの・・・。ど ...

朝のNHKあさイチの特集が、離れて暮らす親の介護 ~呼び寄せたらどうなる?~ でした。現在のアタクシには、遠距離介護も在宅介護もなく、母の施設へ面会に行くという介護です。テレビの特集で介護問題が取り上げられると、チャンネルを止めて見てしまいます。田舎に暮らす ...

確かに以前と比べると、騙し易くなりました。一年に一度の甲状腺の徹底的検査のために、今日から、あたし、入院すんねん。入院は嘘ですが、甲状腺の検査を受けるのはほんと。母にショート行きを告げる口調も、いつもと違い、我ながら、きっぱりと言えました。一年に一度、エ ...

これから、そちらへお迎えに伺います。母のショートステイから、いつも連絡があります。送迎を専門にしている運転手さんは、「少し、早いけれど、早い方がいいでしょう」といつも、お迎え予定時間20分前に来てくれます。この電話を貰うと、前もって用意しておいた着替えや持 ...

このページのトップヘ