鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

今朝、甥のお嫁さんからお花が贈られてきました。三人の子供がいる甥家族。大型連休の人出はかなりあったようですが、まだ、油断ならない状況だったので、子供達のいる彼らには、参列しなくてもいいからと伝えていました。夏休みになれば、気候もいいし、外での行動になるの ...

京都の友人から、プリンか、和菓子か、母の好きなものをお供えをと言われて、思い付いたのは、お茶。お茶はね、茶葉を食べるとわかるのよ。と母はよく言っていました。お茶の売り場へ行くと、ポリポリと食べて買っていました。アタクシは、ほんまかいなと懐疑的に思っていま ...

母の葬儀から施設の退去まで、施設入所ではありがちな、バタバタと処置していく。たまたま、連休が入って2日間は何もせず、と過ごしたときもありました。これが、平日だったら、退去を早くと焦ったかもしれません。死後の手続きは、連休が入り、期日までにとこれは、焦りまし ...

死後やらねばならないこと親が亡くなると、というか、親とは限りませんが。昔と違って、死亡届は葬儀会社で代行してくれて、そして、死亡診断書を数枚コピーまでしてくれた。何をどうすればいいのか、横須賀市作成の手引きもくれました。大型連休中の平日に母の施設(特別養 ...

一昨日の日曜日、来週にお願いしている母の追悼ミサについて、打ち合わせに教会へ。帰りは、その追悼ミサに供花を出すために、商店街にある花屋さんに寄りました。店内は、てんてこ舞い。そう、母の日で混んでいました。そんな状況で相談は無理なので、別の日に改め、アタク ...

↑このページのトップヘ