鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、96歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。

今夜は珍しく韓国ドラマを見ました。何故、韓国ドラマを見るのか、その理由を母に話しました。Kuanziちゃん(姪の名前)がね、このドラマの吹き替えをした日本の声優さん達に中国語の発音の指導をしたんだって。あら、Kuanziちゃんって中国語が出来るの?彼女の大学の専攻は ...

東京の積雪は25cmだとか。我が家の隣の公園をみると、それ以上ありそうです。金曜日の夜、姪のKuanziちゃんが明日の土曜日は大雪になるから、これからスープを作りデリバリーすると言って、10時過ぎに届けてくれました。二人で、“この気温で雪が降るなんて思えないね”と話 ...

どうして、段差のある三和土に降りて、チェーンをかけるの!“チェーンをしていないわよ”と階段下で怒鳴ってくれれば済むやんか!昨夜の出来事でございます。もとはと言うと、玄関のドアにチェーンをかけ忘れたあたくしが、悪うございます。 ...

昨日のことでございます。デイケアセンターから、車で送って頂き、帰ってきた母。スタッフの方が車と地面との段差を少なくするために、足置きを準備して下さっているにもかかわらず、さっさと、自分でドアを開けて出ようと致しました。まあね、あたくしがいるからいいものの ...

昨夜のマイスリーがよく効いたらしく、ご機嫌で目覚めた母。今日はどこも行かなくていいのよね。んにゃ、センターへ行って運動すんねんで。アタシ、行きたくない。と思いっきり、嫌な顔を致しました。いつもならば、脅して、すかして、なんとか行かせるようにするのですが、 ...

↑このページのトップヘ