鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

ここ、何回か、母を眼科だとか形成外科を診察するに、アタクシには不安がありました。それは、トイレ。在宅介護中での通院では、多目的トイレを最低2~3回は使っていました。施設(特別養護老人ホーム)に入所してから、コロナ前では、ミカン狩り、イチゴ狩りなど母と一緒に ...

先生が一番だわ。今回の形成外科への通院は、施設(特別養護老人ホーム)から、母と一緒に送迎車で連れて行って頂きました。いわゆる、福祉車両。車椅子のまま乗ることが出来る軽自動車です。病院に着いて、ストッパーなどを外すなど、結構、ドライバーさんの作業は多かった ...

母のめばちこは、10日前から変わっておりませんでした。今日は、施設(特別養護老人ホーム)から母と一緒に車に乗せて頂き、病院へ。母の目を見た女医さんが医局部長を呼んで、二人でしげしげと局所を診て、デジカメで撮らせて欲しいと。これは、〇〇?、△△?かもしれない ...

今回の期日前投票は、4年前より下回ったそうですが、「#投票へ行こうよ」の通り、若い方々が多く投票にやってこられました。それよりも多いのは、やはり、高齢者。施設から職員さんに連れられてやってくるお年寄りもおいででした。職員さんいわく、ご本人が投票したいからな ...

現在の仕事の中であったことでございます。まだ、契約期間中ですので、詳細を書くわけにはまいりません。わかりにくいかとは存じますが、お許しのほどを。仕事の会場で、トイレへ行こうとしたアタクシを、還暦近くと思しき女性が、心細げに声をかけてきました。○○と言いま ...

↑このページのトップヘ