鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

お寒うございます。先週、東京に27cmの積雪がございました。今日も、夕方5時ですが、積もっています。シンシンと冷えています。(山桜の枝先にはスズメがいました) ...

今朝のことでございます。この頃は、ドアホンの音が、テレビの中からなのか、はたまた、本当のドアホンなのか区別がつかなくなった母。夜中近くのテレビのCMから流れるドアホンの音を間違えて、今頃、なんなのかしらと言うときもございます。今朝は、珍しく本物のドアホン ...

「口裂け女はいる!」多分、介護をされた方、現在されている方の殆どが出会っていると存じます。あたくしは、「口裂け女」だと思いましたが、ある先輩は、映画「エクソシスト」に出てくるような悪魔だと表現されました。5日間の入院から帰宅した母が、帰宅直後にまた、発作を ...

「口裂け女は本当にいた!」というお話をしたいのでございますが、口裂け女を見るに至った理由をご説明しないとなりません。少々長くなりますが、お付き合いくださいませ。 ...

病院の待合で、いつも、他人様からの視線を感じます。いえね、あたくしが美人だから、というわけではございません。あら、ちょっと、申してみただけ。ジョーダンでございます。 ...

↑このページのトップヘ