鬼娘の介護日記

2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で母は死去。約17年に及ぶ介護も終わりました。認知症を発症していた母。在宅介護中は真っ暗なトンネルのなかに居たような絶望感に襲われていました。介護とは?、終わった今も時々、考えてしまいます。これから、どうするのか。「ほな、ボチボチ行こか」と自分自身に声を掛けつつ・・・ブログも進めていこうかなと。(写真はベランダからの衣笠山です)

母は、一昨年の秋に、誤嚥性肺炎で2ヶ月間入院しました。それまでも、リビングにベットを置いて、寝室にしていましたが、退院を機に、リビングの絨毯を剥がし、食器棚とピアノも処分。フローリングのままにして、介護用ベットを入れて完全に病室に。変型性膝関節炎でもありま ...

ほんとはね、もう行きたくないから、行かないって言いたいんだけど皆さんが、とても、ご親切だから、言いだせないの。夕方、デイケアから帰ってきて、母が申しました。あたくしには、ここで、返す言葉が出ない・・・喜んで、出かけて貰うには、この心理状態を利用してくすぐ ...

これで、年末に髪を洗ったし、お正月を迎えられるわね。はぁ?・・・・明日はデイケアなので、入浴の際、シャンプーをしました。小一時間前に、何故、デイケアに行って欲しいかを懇々と説明し、お願いだから、協力して、と言ったところ、わかったわ。行けばいいのね。しおら ...

明日は水曜日。あたくしにとり、水曜日の前日、火曜日の夜は憂鬱でしかございません。毎水曜日が、母のデイケアにお出かけの日。2年前に本格的に介護保険のお世話になったのは、誤嚥性肺炎を患い、退院後から。それからが、毎週火曜日の夜、入浴する際にシャンプーをすると申 ...

或る日のことでございました。ご機嫌伺いにやってきた、長兄が申しました。“今ね、我が家では、ちょっと時代小説ブームなんだよ。おふくろ、佐伯泰英って作家が書いた「居眠り磐音江戸双紙」って知ってる?” 長兄は、子供の頃から本好きで、母とよく二人で読後感を話し、そ ...

↑このページのトップヘ