鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

2016年03月

認知症の初期のころ、母の通院の付添いで、出かける際、おしゃれ着ではないのですが、外出着を着ていました。車の横に乗った母が、繁々とアタクシを見て申しました。アナタばっかり、新しいいい物を着て。すでにその頃、無職だったので、新しいものは一切買わずにいましたの ...

先日のこと、病室に入って、びっくりポン。いつもならば、寝ているのに、ベットの背が起こされて、母が女性週刊誌をメガネなしで、パラパラと見ておりました。座位保持の訓練でしょうか。週刊誌のほかに、漫画本がありました。看護師さんによっては、テレビを見ることを勧め ...

アタクシも年を取るにつれ、気が短くなってきているのを感じます。昨日のことでございます。ショートでお世話になっていた施設の社福。ここの老健は、高級リゾートホテルのような建物の8階と9階にあります。ショートのケアマネさんに、老健の担当へ、連絡を頼んだのに、なし ...

エレベーターを降りると、入所の皆さんが、ズラーッと並んでおられますからね。びっくりなさらないで下さいね。テレビがエレベーターホールにあるもので。いや、ほんまに、びっくりと言うかギョッと致しました。今日は、午前10時に家から歩いて行かれる、老健を見学しました ...

久々に訪れた地域包括センター。10年前を思い出しました。認知症らしきの症状がを出て、悩んでいた頃、先に、母の昔の同僚であるお母様を介護していた親戚のE子さんより、介護認定をともかく、受けることをアドバイスして貰いました。今でも、あのときの途方にくれた気持ちが ...

↑このページのトップヘ