鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

2016年07月

今週の木曜から土曜まで、母の見舞いは姪に任せての派遣のお仕事。たった3日間の朝6時半起きの毎日。67歳の兄が、いまだに毎日やっていることにほんまに心から、ご苦労はん!って思います。この3日間は、姪が母のところに通ってくれ、アタクシは、何の心配もなく、過ごしまし ...

今までは、第2段階だったのに!!「介護保険負担限度額認定証」の更新でした。母の経済状態は、年金しかないんですから、昨年と変わらずなのに。第3段階になっていました。なんでや!!一応、ググってみました。制度とは。介護保険施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施 ...

7月6日に、介護老人保健施設(老健)から、肺炎と心不全で近所の総合病院へ入院。老健の規則で、一旦、退所。7月19日に、レントゲンと血液検査をして、結果、退院となりました。と、同時に、老健と再契約して、入所。7月25日に、肺炎を再発し、再入院。同日、またまた、規則 ...

昨日、午後3時過ぎのことでございました。派遣先で、いきなり携帯が鳴りました。サイレントにしておいたはずが、設定の際に決定を押さなかったからなんでしょう。見れば、母の病院から。鳴っている最中に取らずに切りました。急変であれば、病院へ登録してある連絡先に順次、 ...

延命はどうしますか?母の病状を説明した医師が最後にアタクシに質問してきました。延命は、要りません。自然でよござんす。家族の駆けつけを待つ必要もありません。医師は、首を縦に振り、頷きました。結局、母は、肺炎を再発したということで、以前と同じ病院に、本日、入 ...

↑このページのトップヘ