鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

2017年10月

アタシ、クレヨンを使って色を塗るなんて、初めてよ。はいはい、先週はアタクシのスケジュールが合わず、やってなかったもんね。もう、何枚か、塗ってんねんでー。平日、水曜を除く日に午後4時から、行われている集団リハビリにぬり絵で参加している母。若い頃、幼稚園の教諭 ...

年配者が多い、短期バイト先。ほぼ、同年代の方々で、必ず話題になるのは、親の介護の有無。すでに見送ったという介護の先輩、子育てと共に介護中という方、アタクシのように施設に入所させているなと、介護の模様も様々。ある意味、ここで介護について色々な情報を得られる ...

ココ君のお母さんが、入所してからというもの、ユニットのリビングは、テレビよりも歌謡曲のDVDが流れていることが多くなりました。歌謡曲、要は、いまどきのお若い方から言えば懐メロ。ココ君のお母さんは、終戦の年に生まれているから、おのずど、流れる曲は昭和歌謡。そし ...

父がね、とうとう、あのドロドロの流動食になったのよ。サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)に父親が入所している友人から、電話がありました。半年前は、元気に歩き、入所者の方々と外出も楽しんでいたそうなんです。しかし、一度、転倒して頭部にたんこぶを作り、それ以来 ...

おやつ時に、施設(特別養護老人ホーム)に居る母のところへ行きました。母は、このところ、昼食後、お昼寝をしているので、起こして、リビングに連れ出します。母のお隣の席のココ君のお母さん、すでに、おやつは食べ終わって、なんと、居眠り中。声を掛けずに、そっと、そっ ...

↑このページのトップヘ