鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

2018年06月

母がお世話になっている施設(特別養護老人ホーム)の猫がいるユニットでは、入所者を募集しています。入所者の殆どは、こちらでターミナルケアを受けているようです。母のユニットでも、最近、寝たきりだったお爺さんが亡くなりました。母が入所してからも同じユニットから3 ...

母を施設(特別養護老人ホーム)での、集団リハビリへ連れ出して1年近くになります。集団リハビリと言っても、7~8名ほどが集まり、其々が好きなことをやっています。大半は、編み物。身体に麻痺のある方は、毛糸のボンボンマット作り。これは、ボンボンボールメーカーという ...

ところで、アナタ、今、誰と暮らしているの?はぁ?!、アータがいないんだから、一人に決まってるやないの。一人よ。家はどうなってるの?家は、もう、あらへんよ。売っちゃったから。じゃあ、アナタ、どこで寝てるの?ここと同じ市内にアパートを借りてるんよ。そうなの? ...

朝の連続テレビ小説が始まる頃とスイッチを入れてみると、あの嫌な緊急地震速報の音が響きました。ひぇっ!、思わず、身を固めるとなんと大阪だと。それも、高槻?!高槻には、大学を出て一人暮らしをしている亡き次兄の次女がいます。ラインで連絡すると、「大丈夫!」と返 ...

胃瘻(いろう、英語表記はGastrostomy)とは腹壁を切開して胃内に管を通し、食物や水分や医薬品を流入させ投与するための処置である。最近では人工的水分栄養補給法と呼称される。wikipediaより。造られたおなかの口を「胃瘻(胃ろう)」と言い、取り付けられた器具を「胃ろ ...

↑このページのトップヘ