鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

2019年07月

母が入所している施設(特別養護老人ホーム)には、犬と猫がいるユニットが4つあります。母がいるユニットでは、施設の保護犬3匹と、入所さんと一緒に暮らしている犬3匹、計6匹がいます。食事時は、それぞれ、ケージや部屋に居て、ユニットのリビングには出てきていません。 ...

昨日は、施設(特別養護老人ホーム)にいる母の爪切りをしました。ベットで横になっている母に、いつもよりも少し早めに身支度をさせ、車椅子に乗って貰い、部屋の真ん中で切ります。終わって、夕食の配膳が始まるリビングに母を連れ出すと、部屋の床を拭いて切った爪を集め ...

アタクシの日雇い仕事の場所のすぐ前には、トイレがありました。仕事の内容から、自由にトイレへ行くわけにはいかず、声を掛けてから席を立つことに。だもんで、トイレットペーパーホルダーの、ガラガラ(ホルダーは金属)という音が響いて聞こえてきました。その音を聞いて ...

今日は、集団リハビリがありました。いつものように、施設のワンコ、文福の散歩を終えて、母の部屋へ。ジュースを飲ませて、それから転倒して強打した右膝にクリームをつけてマッサージ。それをものの、10分で済ませて、母に声を掛けました。さっ、リハビリやから、身支度し ...

鬼娘のアタクシは、施設(特別養護老人ホーム)にいる母との面会時間をなんとか消化させるため集団リハビリを利用しています。施設の一階ホールに集まって、それぞれが、出来ることをしているだけなんですが。この頃の母は一緒に過ごす周囲の人への考慮の欠片もなく、自己チ ...

↑このページのトップヘ