鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

2019年12月

今日の母は…。まだ、咳は出るものの、熱はなく、食欲もあり元気でございました。おやつに、みかん半分とプリンを食べ、ご機嫌さんだったのですが…。それは、もうじき、夕食というとき、突然に始まりました。いつもならば、ベットで布団を被っている母を着替えさせて、リビ ...

母が風邪を引きました。先週の26日はいつもの通りでした。翌日27日はアタクシは、胃カメラの検査で母の施設(特別養護老人ホーム)に行かずでした。28日、兄と面会に行ったときは、咳込みもあり、鼻がグジュグジュ状態でした。その夜、38Cの熱が出たと、昨日、行ったときに知 ...

昨日は、お昼少し前、兄と一緒に面会に。母はいつもと同じように、自室のベットで横になっていました。9月初めに会ったときは、兄とわからず、先生と呼びました。なんだよ、おふくろ、〇郎!忘れたぁ?と、兄から言われてしまい、最後まで、母はわかったふりをしていました ...

好酸球性副鼻腔炎。何故、好酸球の値が高いのか・・・。四谷のクリニックでも、鼻のCTスキャンを撮り、好酸球性副鼻腔炎特有の症状がないことを確認。ところが、横須賀の共済病院で、鼻茸の組織を取って調べたところ、判明しました。今はネットで色々と調べることが出来るも ...

いつもなら、母を引っ張り出して参加する集団リハビリ。それも、今年最後でしたけど。それを、うっちゃって胃カメラの検査へ行ってきました。結論を言うと、アタクシ自身が心配した好酸球性胃腸炎ではなく、表層性胃炎でした。さらに、ポリープも見つかり組織を取られました ...

↑このページのトップヘ