鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

2020年09月

今日は、母の施設(特別養護老人ホーム)に納品している〇クルトの地域センターへ行き、10月分の〇ルミルの代金を払ってきました。ほんとは〇クルトの方がいいんですけれど。あれにはストローが付いていない。母はペットボトルもですが、淵に唇が付かないようにして飲むので ...

普通の病気は看護すれば回復しますが、介護のゴールは多くの場合、「死」。死に向かってのお手伝いはシビアです。ある意味、腹を括らないとできません。前回のブログにも、リンクさせましたが、老親の介護、もう限界だ。いっそ、どこかに捨ててしまいたい。俺にはどこにも逃げ場 ...

ネットを見ていて、パッと目に入ったタイトルの記事がありました。老親の介護、もう限界だ。いっそ、どこかに捨ててしまいたい。俺にはどこにも逃げ場がない。PRESIDENT online よりMACFの牧師で、介護家族のためのファミリーケア・カウンセラーの関根一夫氏によるもの。24年前か ...

今日は、介護とは関係のないお話。鬼娘、アタクシの身になんでや?と起こったことでございます。今日の耳鼻科は、とても混んでおりました。待たされて、待たされて、の、久々のビフォーコロナの診察状況でした。先生、いわく、連休後だからね。メール、LINE、Facebook、イン ...

21日、新型コロナの感染再拡大への懸念から欧州株は軒並み下落したとのこと。今朝のニュースでは、NYダウ続落、一時900ドル安だそうで、コロナ感染の再拡大懸念してのこと。特に、イギリスでは、新型コロナの警戒レベルと5段階中で「感染の急増」を示す4に1段階引き上げたと ...

↑このページのトップヘ