鬼娘の介護日記

2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で母は死去。約17年に及ぶ介護も終わりました。認知症を発症していた母。在宅介護中は真っ暗なトンネルのなかに居たような絶望感に襲われていました。介護とは?、終わった今も時々、考えてしまいます。これから、どうするのか。「ほな、ボチボチ行こか」と自分自身に声を掛けつつ・・・ブログも進めていこうかなと。(写真はベランダからの衣笠山です)

2020年11月

母の家庭での教育は、とにかく、長男第一主義でした。家庭内で一番偉いのは、父で、次は長男である長兄。大人になってから、長兄に対して、アタクシは気の毒に思いました。「アナタは、長男なんだから。」母のこの一言。それが、長兄の中では、すべてに亘って「長男でござい ...

あっ、写真を撮るのを忘れた!でも、12月の面会のときに撮れば・・・施設(特別養護老人ホーム)に居る母との面会。耳が遠くなった母との会話は、スムーズにとは行かず、少々時間がかかりました。親戚や母の友人や知人に出す年賀状には、母の近況の写真のシールを貼っていま ...

母の施設(特別養護老人ホーム)は、横に長い建物で、エレベーターは端にあります。兄と二人、一階のホールで待っていると、向こうの方から、ユニットリーダーさんと車椅子で母がやってきました。入り口付近で、アタクシ達の顔を見た母の目が大きく見開きました。そして、soc ...

昨日、兄から電話がありました。明後日の面会時間の確認でした。フェイスフィールド、持ってる?面会の条件として、不織布のマスクにフェイスフィールド着用なんです。そんなにすると、おふくろ、わかんないんじゃあないか?わかんないだろうね。マスクだけでも、「何、言っ ...

事務のお手伝いをしているヨットクラブ、というと聞こえはいいけれど、CMに出てくるような優雅なクラブではなく、有志で年会費1万円での集まり。昭和50年度から集めていた年会費が、文字通り、チリも積もれば、と1,500万円となり、長年の希望だった小さな集会所というか、シ ...

↑このページのトップヘ