鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

2021年12月

今日は大晦日。アタクシにはいつもの日常とほぼ、変わりません。違うところ?人並に、一年を振り返り、少々の溜息と来年の不安。そんなアタクシに目に留まった記事がありました。「お疲れさま」を自分にも、周りにも。また一年、何とかなるからボチボチ行きましょ。みなさま ...

今日も朝から横須賀はいいお天気でした。母が元気な頃、アタクシは全く花とか植木に興味はなく、陽ざしを追いかけて植木鉢を動かす母には腹立たしく思っていました。膝が痛いの、腰が痛いのと言いながら、重い植木鉢をどっこいしょと動かしていく。その場に居て、手を出さな ...

年の瀬の今週は、アタクシ自身の通院もなくどこへも行く予定もなく、一番ノンビリと過ごしています。明後日にお正月用の食材を購入する予定で、今週は、何も買わずに冷蔵庫にあるもので済ますつもりでした。しかし、昨日、郵便局へ行った帰りコンビニに寄りました。というの ...

今日は、母の施設(特別養護老人ホーム)から電話がありました。スマホの画面に施設の名前が現れることは母のメルケル細胞癌の騒ぎから数回に亘るので、この頃はそれに慣れて、あまりドキッとはしなくなりました。それに電話の向こうの声が、事務室の職員さんかユニットのス ...

長谷川和夫先生が先月(11月13日)に老衰で亡くなられました。92歳だったそうで。認知症に関するサイトを読んでいて、「月蝕の頃、長谷川先生が亡くなられた」という記述があり、アタクシにはニュースを聞いたどうか、記憶が曖昧なんです。「鬼娘の介護日記」の過去の記事、 ...

↑このページのトップヘ