鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

2022年02月

生まれるのも一人、死ぬのも一人。今の母は、その心境というか、死後の心配をしていないことでしょう。アタクシという娘がいるのですから。認知症の初期の頃、母は言ってました。お気に入りの指輪とか着物等々、ぜーんぶ、持っていくのだと。認知症になりやすいかどうか、血 ...

この頃、アタクシも母に劣らず、先は短いのだと思うようになりました。死後はどうなんの?とか、ほんまに親しい亡き人々と会えるのか、とかだんだんと、認知症初期の母ではありませんが、死への恐怖も感じます。そんな中、気になる記事をネットで見付けました。死の間際の「 ...

昨日の総合病院で言われた一言に、愕然としてしまったアタクシ。どなたかに付き添って貰って下さい。って、アタクシ、まだ、66歳なんですけどぉしかし、今回の気管支鏡検査をする原因のアレルギー性気管支肺アスペルギルス症は空気中を漂う真菌、つまりカビに反応すること。 ...

昨年末、健診のレントゲンで肺に影があることが判明し、改めて総合病院で、CT検査と血液検査をしました。血液検査でカビのアレルギーがあることがわかり、肺にカビがある?!のかもと、再度、CT検査に痰検査を追加されました。今日は、その結果を聞きに行ってきました。呼吸 ...

洗濯物を干す際、白く細い髪の毛がタオルに付いていました。その白髪を取り、ベランダから外へ放ろうとしても、腰がなく細い髪の毛は手から離れない。そうだった、在宅介護をしていたとき、母の洗濯物に付いていた白髪に対して、絡みつく感じが何とも嫌だったっけ・・・。白 ...

↑このページのトップヘ