鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

2022年08月

横須賀のアパート暮らし。大きな家具の殆どは、処分してしまいましたからベットが椅子替わりです。或る日、ベットカバーにシミを付けてしまい、なんと6年振りに洗濯をすることに。ベットカバーは、東京の家でも母もベットでしたから4枚はあったものの、1枚だけで後は捨ててし ...

昨日は、2ヶ月ぶりのアレルギー性肺アスペルギルス症の経過観察で病院へ。この病院には昨年の暮れ近く、母の目蓋に発症した皮膚癌の切除に形成外科へ何回か付き添いで通院しました。あのときは、元気いっぱいだった母。めばちこではないかと診て貰った眼科では、今、思うに癌 ...

高齢者と括られる65歳を過ぎてから、特に、外出したときなど、「ついでに~する」とか2箇所へ行くなどが出来なくなりつつあります。先日、友人宅でランチを頂きながら、アカンねん。一つずつやっていかないとやり残したり、もう一度やることになったりして少し年上の友人は、 ...

↑このページのトップヘ