延命はどうしますか?

母の病状を説明した医師が最後にアタクシに
質問してきました。

延命は、要りません。自然でよござんす。
家族の駆けつけを待つ必要もありません。

医師は、首を縦に振り、頷きました。


結局、母は、肺炎を再発したということで、
以前と同じ病院に、本日、入院しました。

救急外来に居たときは元気だったのですが、
病室に入ると点滴が始まり、半目でうっつら
寝ていました。


土曜日に介護老人健康施設へ兄と一緒に面会
した際、ポツリと兄が申しました。

長くないかもしれないから、8月に入ったら、
子供達(母にはひ孫)を連れてくるとするか。


母には、ひ孫よりも孫。
そういえば、姪はまだ老健にいる母に面会に
行っていないからと、誘ったところ、一緒に
行くということになっていました。

ところが、朝、電話があり、やはり、病院へ
受診するとのことでした。

急遽、病院へ一緒に行くことなり、前回も、
姪が入院手続きなどをしてくれていたので、
ササッと書類を書いてくれました。


肺のレントゲンを見ると、肺炎の炎症がみら
ます。
前回よりも数値的には低いのですが、再発は
治りにくく、入院は3週間位か、1ヶ月という
ことも考えられます。


これは、もう、老健から荷物を引き上げてと、
思い、寄りました。

入院が2週間以上になりますと、待機になって
しまいます。

このように言われておりましたのでね。

病院で施設の看護師さんとお話をしました。

きっと、またよくなって入所出来るはずです。
そして、また、肺炎を再発、と繰り返してと、
次第に身体が弱り、最終、施設で看取りする
ことが一番多いです。


はてさて、母はどうなんでしょう。

006


たまたま、今日は銀行との打ち合わせをする
ために、バイトを休んでおりました。

ラッキーでした。

明後日の水曜に、面会に行く予定です。