もともと、変形性膝関節炎がある母でした。

先日、膝に水が溜まり抜きました。

抜いた2日間は痛みがあり、自力で立つことが
出来ず、オシメという有様で、ああ、このまま
寝たきりかと思いました。

しかし、その後は、また、以前のように掴まり
立ちが出来るようになりました。

それまでは、トイレの度に、椅子から車椅子に
移乗していましたが、この頃は車椅子に座った
ままになりました。


施設(特別養護老人ホーム)に入所するとき、
車椅子を持ち込みで使用するか、施設のを使う
かと聞かれました。

鬼娘のアタクシ、考えました。

この先、長くない可能性が高いし、リビングに
いるときは椅子に座っている方が長いし、と
購入することはやめました。
この考え方は誤算でした。


このところの母は、車椅子に座ったまま・・・

これは、車椅子を購入した方がいいかもしれ
ないと思い、スタッフさんに相談しました。

うーん、このままでいいと思いますよ。
今は、膝を使わないようにと車椅子ですが、
腫れが引いているときは、椅子に座って頂いて
ます。

それに、将来、このタイプの車椅子を使うより、
リクライニング用を使うことになります。

そのときに購入されたのを使われたほうが、
いいですよ。


母の元気さでは、いずれ、車椅子はリクライ
ニング用になる可能性があるとスタッフさんは、
言外にほのめかせておられるのです。

さいざんす、母は長生きするでしょうから。

005
(阪急西宮北口の待ち合わせ場所。
天井からミストが出ていました。)


先週の週末、小学校のクラス会があり大阪へ
行って参りました。

前回も、台風の中での開催。

帰りの新幹線は運転見合わせに遭うことなく、
乗ることが出来ました。

男二人、女四人が集まりました。

必ず出る話題は、介護と孫と自分達の将来。


そのうち、人の話を聞かず、自分の話をお互い
一方的に話すだけで、「今日は楽しかった。」
と満足して帰るんだろうな。

幹事役のドッピンが言いました。


そうなるまで、そうなっても、集まりたいね。

ドイツ在住のイッコちゃん。
いつも彼女の帰国を機会に集まっています。