認知症初期の母の言動を残しておいたはずの
ヤフーブログを不注意にも、移行せずに消えて
しまった・・・。

だから、思い出したときに、残しておこうと
思います。

あれ?、ちょっとおかしいかも?と思ったのは、
平成16年頃のこと。

その内容は、一昨日のブログに記しました。

おかしい?と思ったきっかけ

それは、その年の夏のこと。

認知症かもしれないのを、加速した出来事が
あります。

平成16年の11月初め、アタクシは、突然に
物が二重に見える症状が出ました。

洗面所で鏡を見たとき、びっくり!
目の瞳が動かず、中心が右と左が違う。
さらに、右目の瞼がダランと下がっている。

ご近所の眼科から、総合病院の眼科へ。
そこから、すぐ近所の都立病院の神経内科へ。

重症筋無力症と診断が付いて、即、入院と
なりました。

結果は、その病名ではなく、フィッシャー
症候群
とわかりました。

わかるまで、1か月かかりましたが。

その間、入院していました。

この入院が、後から考えると母の認知症を一気に
進行させてしまったのです。

二階家に母とM.ダックスのブーケだけ。
母にとっては、不安な毎日だったんだと、実は、
母を施設に入所させてから理解出来ました。

木造ですから、夜中に家が鳴るんです。
ミシッ、ミシッと・・・

アタクシですら、ギョッとしましたから。

兄に頼んで泊まって貰えばよかったかもと後悔
しました。

今まで、母と二人暮らしをしていたのに、急に
入院となって、母には環境が変わったのと同じ
だったのかもしれません。

幻聴、幻覚が出てきたのは、それから、すぐの
ことでしたから。

005

外出する用事もなく、母の面会にも行かずの
今日は、外にも出ずにおりました。

ブログの内容を何にしようかと考えているとき、
母の奇妙な言動を思い出しました。

これは、またの機会に。


ブログをお読み下さって有難うございました。
応援、よろしくお願いします。




人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村