先週の土曜日、バスを降りて、側溝の金属の
蓋の上を歩いて、滑って捻挫。

すわっ、骨折かと診て貰うと捻挫と言われて
ホッとしましたが、立ち上がると痛くて歩けない。

部屋の中は、四つん這いになって動き、痛む
足首に負担がかからないようにしました。

四つん這いという動作、結構膝が痛いもの
でした。

012


膝頭をみると、皮膚の皮がむけていました。

さらに、足の人差し指の関節の皮膚も同じ
ように。
物を運ぶのに、四つん這いは出来ませんから、
膝で歩くこともやってました。

このブログにコメントを寄せて下さった方の
お母様が、日頃、四つん這いで行動されていた
というのが、気になっておりました。

実際にやってみて、わかったことは、人の手を
借りたくない、出来ることは自分でやるという
意気込みなんじゃあないかと。

今のアタクシは、一人暮らし。
やるっきゃない。


でも、車椅子に乗ってわかったのは、人の手を
煩わせることは出来ないと思ったこと。

だから、母達、認知症のお年寄りは、特に家族に
対して、余計な手出しをしてくれるな、頼りたく
ないという、意地を張るんでしょうね。

アタクシは、もし、人の手を借りなければならない
状態になったら、素直に受けようと思いました。


013

やっと、歩けるようになりました。

母の使わなくなった杖。
少々寸足らずですが、使って、燃えるごみを出して
きました。

しばらく、使わせてもらいます。

keep your social distance

自分を、貴方の大事な人、周囲の大切な人を、
そして社会を守りましょう!

感染拡大を防ぎましょう。


ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ、幸いでございます。
よろしくお願い致します。





人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村