昨日の夕方、打ち合わせをしていた店でスマホが
鳴りました。

見ると、母の施設から。

立て続けの電話で、ありゃ、どないしたん?
また、熱でも出たかいなと、同席していた方々に
お断りして、その場で出ました。

今度、お隣のユニットと夏祭りを一緒に開催
する予定なんですが。

あー、よかった。夏祭り?

そこで、浴衣をお持ちでしたら、送って頂け
ないでしょうか。

浴衣ね、はいはい、ございますとも。

母の手書きのメモ書きが縫い付けられた浴衣。

死んだときに着せて下さい。


実家を整理して畳むときに、和ダンスの中に
ありました。

おっかさん、悪いけれど、亡くなったときは、
昔、母がよく着ていた紫色の紬の着物にする
つもりなんや。

荷物を整理していたときに、兄がふと、漏らした
一言が、

おふくろは、紫色の着物をよく着てたよね。

アタクシも、そう思っていたので、じゃあ、
それに決まり!!だったのです。


本人の希望は浴衣なんやけど、着物にする
つもりだけれど、どないしよ。

仙台の従姉と話をして、相談すると、

あんずちゃん、二つ重ねて着せればいいわよ。

そりゃ、そうやね。


縫い付けたメモ書きもそのままにして、それ
用にと仕舞ってありました。

今日は、午後からお天気でした。

その浴衣を出しました。

広げて干したいのですが、アタクシは着物が
畳めない・・・。

でも、来週早々までには、全体に風を通した
ほうがよさそう。


あ、それに、帯を用意しなきゃ。

紫色の紬の着物と決めたのに、なんと、帯を
全部処分してしまっていたのです。

浴衣だから、博多帯でいいかな。

ついでに、紫の着物に合う色にしておけば・・・。


IMG_2860

死装束として置いてあった浴衣を、まさか、着る
ことになろうとは、母も思わなかったでしょう。

これで、それ用ではなく、また、来年の夏に
着ることが出来るように願いつつ。


keep your social distance

自分を、貴方の大事な人、周囲の大切な人を、
そして社会を守りましょう!

うつさない、うつらない。


ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ、幸いでございます。
よろしくお願い致します。





人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村