そもそも、介護の「か」の字も、認知症の「に」
の字も気にせず、他人事というか、対岸の火事と
いうか、母に介護が必要だと認識したのは、
まさかのことでした。

これは、おかしいと思ったのは、幻覚と幻聴。

・知らない男が庭に入ってきて、塀から下に
飛び降りた(下まで6~7mはある)

・隣家のお風呂の焚口に火が見える。
(今はガス使用で、種火などはない)

・五反田の従姉の旦那が電信柱の陰からこっちを
見ている(彼は、家に来たことはない)

・誰かが、玄関ドアのノブをガチャガチャさせて
いる。(そう言われて、インターフォンで確認
するが、誰もいない)


何度説明しても、頑として受け付けない。

その頃のブログで愚痴ったりしたのを読んで
くれた親戚が、認知症の親を介護しており、
地域包括センターへ相談に行くようにと勧めて
くれました。

亡き義姉からは、母より先に認知症になった
母親の様子の理由を知りたいと認知症に関する
本を購入しており、読んでみてと貸してくれ
ました。

それでも、アタクシは、母の介護のことをとても
鬱陶しいものと考えていました。

そこからして、間違っていた、と今は思います。

当時、アタクシが訊ねた地域包括センターは、
介護についての説明もなく、小冊子を渡して
「ケアマネージャーを選んで決めるように」
とのこと。

鬱陶しいと思っていたアタクシには、ケア
マネージャーが何であるとか、介護保険は何
なんだとか、全く勉強しておりませんでした。


012

何事も面倒だとか、鬱陶しいとか、アタクシは
そういう動きが多かったです。

調べて、実際に見て、相談して、徹底的にやる
こと。

これはあらゆることに通じるんですけれどね。

やりたくない気持ちが働いて・・・

keep your social distance

自分を、貴方の大事な人、周囲の大切な人を、
そして社会を守りましょう!

水分をこまめに摂って、熱中症にならない
ように。

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ、幸いでございます。
よろしくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村