ネットのYahoo Newsに漫画家でタレントの蛭子
能収さんが、出演している健康についての番組の
中で幻覚を見る症状で知られる“レビー小体型
認知症”と“アルツハイマー病”の合併症である
ことを公表したとありました。

母も認知症初期の頃、隣家のガス風呂の釜口から
火が出ていて、うちが火事になると騒いだことが
ありました。

その他、庭に若い男性が入ってきて、塀の上から
飛び降りたとか、あり得ないことを言い出して
いました。

今、考えると母も蛭子さんと同じだったのかも
しれません。


蛭子さんいわく、

体の不調も全然感じてません。
ちょっと、ぽやーってするくらい。
なんとなく、そういう感覚はあるんですよね。

いつも通り暮らしていても、どこか頭のなかが
ぽやーっとしてる。
船に乗った後、降りてきて地面が揺れていると
いうか。そう、船酔いみたいな感じです。

「蛭子さん」が語る認知症との闘い


どこか、頭のなかが、ぼやーっとしている、

それが、「ぼんやりとした不安」と表現される
認知症の自覚症状かもしれません。

蛭子さん自体、キャラクターとしてぼうっと
している人とされています。

そんな方が、もっとぼやーっとした感覚と
言われるのですから。

よく母が言っていましたっけ。

アタシ、バカになっちゃった。

そう言いだすようになったのは、認知症の初期
より中期になったころでした。

初期の頃は、そんな自分を認めるのが嫌だった
のでしょうね。


認知症をこうやってテレビで取り上げたり、
蛭子さんのように堂々と?公言すること。

認知症患者を看たことのない人にも、どういう
ものかがわかるいい時代になったと言えるかも
しれません。


006

今朝、アパートのドアに鍵をかけて、バス停に
向かう途中、引き返したいという強い気持ちに
なりました。

ああ、母もこうやって、気になっていたんだなと。

この頃、鍵をかけたかどうか、心配になることが
多くなりました。

時間に余裕があると、引き返しています。

だから、鍵をかける際に、「鍵をかけた」と
意識をするようにしています。

keep your social distance

「手洗いに期限はない」

3密は避ける。

黙って食べてからマスクをつけて話をしましょう。

ウイルスはとても身近に存在します。


ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ、幸いでございます。
よろしくお願い致します。




人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村