ネットで、ほんまに?という記事を見つけ
ました。

実家を出て、働いている筆者が認知症の父親を
介護していることでストレスになっていること。

その解決法が「色」の活用法だという。


実家には年を取った両親が暮らしており、母親も
また、トイレのスリッパを履いたまま、うろうろ
するとか、水を出しっぱなし、コンロに鍋をかけた
まま忘れてしまうという認知症に片足を突っ込んだ
状態なんだそうです。

困る行為をするのは、どちらかというと父親。

それは、毎日必要となる「基本的生活習慣」が
できなくなっていくこと。

「お風呂に入らなくなる」ということもあり、
これまでごく当たり前にしていたことが、まるで
できなくなってしまったそう。
 
「お母さんはどこに行ったんだ?」
「車がない。どこに停めたか分からない」
「仕事先に忘れ物をした。取りに行かなきゃ
ならないのに、場所が分からない」

と、毎日、少ないときで2~3回、多い日には
5~6回、電話がかかってくるように。

そのたびに、説明をして納得してもらう。
しかし、1時間もしないうちに、同じ質問を繰り
返す。

娘は離れて暮らしているから、まだ、いいけれど
同居する母親は、こうして繰り返される地獄の
ような、そして悪夢のような状況に、ノイローゼ
寸前に。

娘もまた、電話が鳴るたびに「今度はなんだ!?」
と、ビクッとしまうようになってしまったそう。

このままでは、母娘がおかしくなると思い、
「記憶」について、調べ学んだそうです。

そもそも人間の記憶には、料理の仕方や自転車の
乗り方といったからだで覚える「手続き記憶」
人や地名など学習することで得た「意味記憶」
個別の体験を記憶している「エピソード記憶」
があると一般的に言われています。

私の父のようにアルツハイマー型認知症の場合、
最近の記憶や「エピソード記憶」から失われて
いく傾向があるようです。

そんな記憶のシステムについて学びながら、
いろいろと調べていくと、今度は「記憶」と
「色」について知る機会を得ました。

なんでも、2009年に米国の大学が行った研究
から、記憶は「色」と関係し、人間は「色」を
付けたものを記憶しやすいことが分かっている
そうです。

(中略)

「白い紙に黒い文字で書く」よりも、色の
ついた紙に文字を書いたほうが、注意を引き、
「大切なことなのかも!」と感じやすくなるため、
記憶(「長期記憶」)に残りやすくなるという
のです。


そこで、今まで、白い紙に書いていたことを、
緑色の紙に黒のマジックで「「車は処分した」
「仕事はもうしていない」「お金は年金だけ」
と書いて、部屋に貼ったそうです。

すると、あれだけ頻繁だった電話がなくなり、
ストレスが軽減されたそうです。

筆者によると、何色がいいのかはわからない
のだそうです。

認知症の父にうれしい変化 同じ質問を何度も
繰り返す無限の「電話地獄」にアラフィフ娘が
実践した「色」の活用法とは

より

008

宝塚の元トップスターのセリフの覚え方は、
ピンクの紙に青いマジック。

勉強の暗記によいのは、赤いマジック。

青色には心を落ち着かせる効果があり、
青色を見ることで人は冷静になり、集中力、
記憶力が上がるとか。

ダメもとでやってみるのも、いいかもしれ
ません。


keep your social distance

「手洗いに期限はない」

3密に気を付けて、go to イートも楽しんで
下さい。

ウイルスはとても身近に存在します。

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ、幸いでございます。
よろしくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村